その他の設備:共有の空気ポンプを常備している会社は多いようです。より快適に自転車通勤をするために、どのような設備が整えられているのでしょうか?

かゆい所に手が届く小さなサポートが快適性と安全性を高める!

株式会社シマノ


常設アイテムのひとつ エアウォッシャー

自転車通勤をする従業員にとって「あったら便利」な道具は大方揃えられている。多忙な生活の中、自宅で過ごす朝晩の限られた時間内では自転車の管理が不十分になりがちなケースもあるが、道具がここに揃っていればメンテしやすく、ライドの安全性も高まるだろう。

エアウォッシャー
雨天時に雨合羽や自転車に付いた、水滴をはじいてくれる。
空気入れ
適正空気圧をキープすることはパンクの軽減につながる。
共通工具
気になるところはすぐにチェック。トラブルの防止は遅刻防止にもなる。
ロッカールーム
浴場の隣に設置されているロッカースペース。ここで、制服に着替える。ウェアー、ヘルメット、シューズ等のアイテムも、ロッカーに保管可能。ライドから仕事への切り替えがきっちりできる。
シマノ・ラリー
健康増進の意味から、万歩計でのカウントや、自転車での走行距離が一定量に達した際にごほうびが贈られるという制度。モチベーションも上がるに違いない。'08年下半期に開催された自転車部門では、半年間の走行距離が1300kmを越えた場合、表彰対象となったそうだ。

電動ハイブリッド自転車の充電器を完備、自転車通勤へのシフトを後押し。

ヤマハ発動機株式会社


駐輪場に完備された専用充電器

ヤマハ発動機の電動ハイブリッド自転車による通勤を支えるため、 駐輪場には、専用の充電器が備えられている。購入補助と合わせ、 電動ハイブリッド自転車のサポート体制を充実させることで、自転車通勤には不安が残るという従業員の心情に配慮した。マイカー通勤から、よりエコな手段での通勤へのシフトを後押ししている。